68 源氏物語絵巻・切手屏風

68 源氏物語絵巻・切手屏風

(「源氏物語」一千年紀記念切手/平成20年9月発行)
size:W70mm×D40mm×H70mm 16ページ
<作品の説明>
「源氏物語」一千年紀の記念切手をアクリルパネルに封じ込めました。
切手面には源氏物語香文と巻名を彫刻、裏面には巻名のもととなった歌を切り出したトランスパレントペーパーをあしらい、平安の御簾の透けるイメージをレイヤーの重なりに喩えました。
光さす窓辺に置いてお楽しみください。

<エピソード、制作時の事等>
ここ1年のまるみず組への参加は、羽鳥先生のDTPクラスが中心でした。デジタル力の強化にも励んでいたので、一応その辺りの成果としてこちらを制作しました。極薄の紙への出力調整や、巻名歌のフォントにない文字の作字など、じつはまったく伝わりにくいところで成果が発揮されていたりします。
<自己紹介>
「&B」アンド・ビー
Bungu/Bag/Book Binding
&文具。&バッグ。&手製本。
経年美を愉しめる良質な革や紙にこだわって、末永く付き合える人生の相棒を一針一針、コツコツと。

スキル

投稿日

11 コメント

  1. りせ

    アクリルパネルに切手、それを綴じるというセンス、
    更に屏風のように仕立てる発想も凄い。
    細やかな作業の完成度の高さに脱帽です。

    返信する
  2. miyakemiyuki

    アクリル加工にまで手を広げ、切りにくそうな薄紙への文字のカッティング、手製本を超越した技術と、多くの方に支持されるデザイン力、さすがですね。

    返信する
  3. 会場コメント

    斬新。こういう作品もアリなんだなぁ…と感じさせます。

    返信する
  4. 会場コメント

    異素材を使ったおもしろい作品です。部屋に飾れる”本”というアイデアが良いなと思いました

    返信する
  5. 会場コメント

    アクリルパネルを糸とじでつなげるアイデアが良かったです

    返信する
  6. 会場コメント

    素材が面白いと思いました。紙以外って扱いづらいのに、すごいです。

    返信する
  7. 青木愛

    もしかしたら屏風のように、逆方向にも曲げることができるでしょうか…?こんなにも厚いものに対応し、面白いかがりだなぁと思いました。和紙という難しい素材をあれほど繊細にカットできるレーザー技術にも夢が広がりました。いろいろな可能性を感じてとても面白い作品でしたし、何より美しかったです。

    返信する
  8. 会場コメント

    切手を使っているのがおもしろいです。

    返信する
  9. 会場コメント

    製本に使っている素材にまずおどろきました。アクリルパネルを使うという発想も勉強になりました。もし売っていたら自分の家に飾りたいと思いました。

    返信する
  10. 会場コメント

    製本という概念を見事に変えてくれました。アクリルの使用や切手使用、素晴らしいアイデアです。

    返信する
  11. 会場コメント

    切手がきれい。プラ板をかがってあるのがすごい。

    返信する

コメントを送信

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です