size: 148mm×106mm×24mm 336ページ

<作品の説明>
2mmグレーボール、地券紙、銀紙、藍染め布(桐生で染めたものです)、SILティッシュ、ラミー15/1、ホワイトレーン16/3 2000年に公開された映画「ジュブナイル」を、監督自ら小説化したものを改装しました。「文庫」として企画された本なので、その形態をなるべく崩さないようシンプルに装丁しました。
<作品説明やエピソード、制作時の事等>
夏休みにロボットと出会った小学生たちが宇宙人に立ち向かう、というSF色の濃い内容なので、地券紙の灰色と銀紙のキラキラでロボットらしさを表現し、それに対し背は夏空のようなむら染め布を使って耳を出さないようすっきり仕上げました。 見返しにも地券紙を使用して、コンクリートの一枚板にタイトルや作者近影が埋め込まれているようなデザインにしました
<作者アンケート>
お気に入りの一冊、、とても悩みました。 いろいろ候補はあったのですが、コンクールの時期が初夏、ということもあってこのタイトルにしました。ページ左下にパラパラ漫画があったり、巻末の刊行予定の内容までがすべて監督の創作だったりと、遊び心満載の1冊です。
スキル

投稿日

コメントを送信

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です