02 智恵子抄

size: 99mm×148mm×8mm 42ページ

<作品の説明>
大好きな高村光太郎の「智恵子抄」の中から好きな詩を抜粋したものを綴じました。智恵子は入院中に紙細工を作っていたので、それに似た模様をイメージして切り絵を作り詩集に貼りました。表紙は赤い民芸和紙の上にレースペーパーを貼りました。智恵子に対する愛の詩なので「赤」にこだわり、病気の智恵子に対する気持ちの表現としてレースや薄いこうぞ紙などを使ってみました。 表紙:民芸和紙(赤) 美光紙(渦巻き) 本文:小川和紙 こうぞ紙 グラシン紙 上質紙 切り絵:折り紙和紙
<作品説明やエピソード、制作時の事等>
最初は本1冊まるごと作ろうとしましたが、どうしても和綴じにしたくそうするとかなり分厚くなり綴じれなかったので抜粋しました。秩箱の留めはツメにしたかったが本の厚みが足りなくてくリボンにしました。妥協が多かくなってしまったがその分切り絵など開くときの楽しみを詰め込んでみました。ラストの人物は智恵子の写真をイラスト風に加工してみました。
<作者アンケート>
2011年よりくまモンの豆本をはじめ旅先で撮影した写真豆本など様々な豆本を手作りをし、現在はお人形(ドール)のお部屋に飾れる小さな本を中心に手作りをしています。 最近はドールに合わせた1/12サイズの本に挑戦しようと思っています。 製本は単発のみしか勉強をしていないので未熟な部分がありますが普段締め切りに追われることがないのでたまには自分自身を追い詰めたいと思って参加しています。 また製作していくうちに普段の製作活動に役立つことが出てくるのでそれを発見するのも楽しいです。
スキル

投稿日

コメントを送信

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です