02 源氏物語講義 首巻

size:W132mm×D25mm×H195mm
<作品の説明>
明治から大正にかけて活躍した教育者・歌人 下田歌子による源氏物語解説本の改装。表紙には、源氏香之図の「桐壷」(表)と「空蝉」(裏)の意匠をエンボスし、この本の持ち主のイニシャルをスタッズで埋め込む。元の表紙や見返しも綴じ込む。
<エピソード、制作時の事等>
桐壺と空蝉は持ち主が特に心に残ったストーリーだということで、モチーフをデザインに使用しました。続きの本も同じ素材とスタッズを使用し、「A・M文庫」として今後改装していく予定です。

スキル

投稿日

コメント1件

  1. miyakemiyuki

    表紙の源氏香のエンボスの仕上がりが美しく、イニシャルのワンポイントが効いていると思いました。改装の技術力も高く綺麗な仕上がりがうらやましいです。

    返信する

コメントを送信

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です