16 源氏物語 うたひろい

16 源氏物語 うたひろい

size:W93mm×D44mm×H388mm 50ページ
<作品の説明>
源氏物語より和歌25首をひろい、1冊にまとめました。
<エピソード、制作時の事等>
短冊をまとめたような形にして、夫婦箱に入れました。
和紙の風合いを生かしたかったので、本文紙を手切りして重ね、背にも和紙を重ね模様が透けるようにしました。

スキル

投稿日

8 コメント

  1. maki miyagawa

    背の透かし模様、すっごくきれいでした。全体に使用する色数を絞り、統一感があります。だからこそ、背の透かし模様も活きているのですね。とても計算された作品だと感じました。

    返信する
  2. 会場コメント

    背の和紙がきれいでした

    返信する
  3. 会場コメント

    美文字ですね

    返信する
  4. 会場コメント

    和紙で統一されている中でも、風合いの違いがとても生かされていて、色、素材本文の統一感が「モノ」としてとても美しかったです。めおと箱の箔も響き合っていてすてきでした。

    返信する
  5. 会場コメント

    私が思いおよばなかった短冊の本というのが新鮮でした

    返信する
  6. akutsu

    折本のような本文なのにかがられているところが不思議に美しいです。
    どのような手順で作られたのか気になります。

    返信する
  7. miyakemiyuki

    箱の内側の金箔が華やか。本文の紙や背などもとても凝った作りでした。手書き?の字が上手でうらやましいです。

    返信する
  8. 会場コメント

    表紙や箱の和紙づかいが良い

    返信する

コメントを送信

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です