18 COLLECTION

size: 90mm×70mm×10mm 12ページ

<作品の説明>
家にある布や紙で一番好きな色合いのものを選びました。 本文紙は、微妙に色が違う色画用紙をグラデーションのように組み合わせてみました。 リボンは落ち着いた色合いの水色がこげ茶の画用紙に合うかなと思い、裏打ちをして作りました。 表紙には赤いリボンのワッペンをアクセントに。 最初のページのパンダのハンコは、もともと趣味で作っていた消しゴムハンコを捺してみました。大切なお気に入りのものを抱えているイメージです。
<作品説明やエピソード、制作時の事等>
まるみず組で初めて糊を使わない製本のやり方を教わりました。 こんな製本の仕方があるんだ・・!と、とても衝撃を受け、リボンや紙をかえてたくさん作ってみたい!と思い、コンクールの作品も糊を使わない製本で作ってみようと決めていました。 この製本はリボンを通す穴を何個作るかで作品の表情が変わるなぁと思ったので、一番悩みました。いろいろ穴をあけて試してみましたが、サイズが小さいのでシンプルに1つでいいかなと思い、今の形になりました。 リボンを通す穴をきれいにあけるのが一番難しかったです。 「糸は進行方向に引っ張る」と教わっていたにも関わらず、逆に引っ張ってしまい破いてしまったり・・ 用意していた紙がなくなってしまったときは焦りましたが、仕事帰りに吉祥寺のお気に入りのお店に走り、なんとか形にすることができてほっとしています。 何度も失敗してしまいましたが、糸でかがる作業はとても楽しかったです。
<作者アンケート>
私は紙ものが好きで、かわいい柄のレターセットや包装紙があるとつい買ってしまいます。お気に入りの柄などは1枚残しておいたりしていたのですが、バラバラに箱に入ったままでずっと気になっていました。 今回その残しておいた紙をまとめてみようと思い、作ってみました。 家の中にあるいろいろな柄の紙を探して選んだり、完成品を想像しながら作るのはとても楽しかったです。 この柄知ってるとか、この柄持ってる!とか、共感してもらえるところがあればうれしいなぁと思います。
スキル

投稿日

コメントを送信

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です