21 マトリョーシカの箱


size:188mm×111mm×44mm 192ページ

<作品の説明>ロシア民話の「大きなかぶ」をテーマにしました。
箱を開けると、入ってる3冊のノートは
・ロシア
・おばあさんのドレス
・蕪
のイメージです。

使った素材

・ボール紙(2㎜)
・裏打ちクロス
・リボン
ノート
・ボール紙(1㎜)
・裏打ち布、クロス
・リボン
・見返し紙
・方眼紙(5㎜)

<エピソード、制作時の事等>前から持っていたマトリョーシカ柄の布が使いたくて、ロシアの「大きなかぶ」をテーマを選びました。
有名な「大きなかぶ」絵本のイラストも参考に、物語がありそうな雰囲気が作品にでればと思いながら作ってます。
3冊のノートは背がないパターンで背幅や溝の幅を何mmにしたら?の調整が一番大変でしたが、3冊それぞれで色、柄、表現を変えて、楽しく制作できました。

<自己紹介>月1クラスで、精進してます。

スキル

投稿日

3 コメント

  1. 会場コメント

    アイディア賞。

    返信する
  2. ひだい

    タイトルからマトリョーシカのような入れ子構造になっていると思い込んでしまったために、勝手ながら開けたときにちょっと肩すかしを食らったように感じてしまいました。「大きなかぶ」というのが充分にひとつのコンセプトとして成り立っており、ノートもそれを表現できているのですから、タイトルはそちらに沿ったものにした方がよかったのでは。もしくは「大きなかぶ」はすっぱり切って、マトリョーシカを前面に押し出すか。マトリョーシカも「大きなかぶ」も盛り込もうとした結果、どちらも薄まってしまった感があります。残念。

    返信する
  3. 会場コメント

    布、リボン等のつかい方が良かった。

    返信する

コメントを送信

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です