24 A House of Bookworm

□作品の説明

本好きな人の事を本の虫といいます これは私の中に住まふ彼の家です 物語 つまんでかじって 蝶となり 羽ばたく夢見る 青い虫 People call me a bookworm. And so I am. The word inspired me to make a house of bookworm where he kept his collections dreaming to be a butterfly.
□作品説明やエピソード、制作時の事等
たて喰う虫も好きずきというが、防虫剤の入った紙ではBookwormの家にふさわしくないと、薄く削った板を表紙および本文紙に用いた。節穴をかじり跡に見立て、半田ごてでタイトルを焼印した。厚みのある板の断面を面取りするにあたり、手になじむ角度、方向に留意した。
□作者アンケート
本にとっての洋服ではなく家を作りたかった。 本から生まれる物語。 さわやかな初夏の1日、そっと木陰に腰を下ろし、開かれる姿を想像して。
Exhibition No.: 24
size: 150mm×110mm×20mm 60ページ
スキル

投稿日

コメントを送信

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です