26 改装本 堕落論

<作品の説明>
文字通り「お気に入りの一冊」である、「坂口安吾 堕落論」の改装本です。 「堕落」という言葉と、本のイメージより、“白と黒”真逆の色だけを使ってデザインをしました。 またタイトルは活版印刷機とエンボスパウダーを使いバーコ印刷のような浮き出し加工を施して本のアクセントとしました。
<作品説明やエピソード、制作時の事等>
基礎レッスンで学んだ、改装本と夫婦箱の復習のような作品です。なかなか思うようにいかず、少しずつ修正を加えながらなんとか形にしました。
<作者アンケート>
「シンプルだけど迫力のある本」そうなっていればいいなと思います。
スキル

投稿日

コメントを送信

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です