size:202mm×164mm×30mm 28ページ

<作品の説明>桃太郎をイメージしたアルバムを作ってみました。子供や愛犬の写真などを貼ろうかとおもいます。
私がお宮参りの時の着物地を思い出に使ってみました。昔々の布地です。

<エピソード、制作時の事等>民話のイメージがなかなか出来なくて苦労しました。
古い着物地は扱いにくくて、途中他のものにしようかと思いましたが、思い入れのある布地なので使いました。

<自己紹介>まだまだ技術的に未熟ななですが、先生に勧められて応募しました。
途中応募した事を後悔しましたが、なんとか最後まで制作出来ました

スキル

投稿日

3 コメント

  1. ひだい

    「桃太郎をイメージ」というか、桃太郎を思わせる言葉を表紙に持ってきただけというか。そこにお子さんや犬の写真を貼るというのも……。お子さんか犬の名前がまさに「桃太郎」であるとか、桃太郎のように育ってほしいと思っているとか、なにか繋がりがあるのかもしれませんが、それが見えないので、正直、変な感じがしてしまうのです。桃とか、犬・猿・雉とか、もっと要素として抽出されているのであれば、こちらももっとふんわりと受け止めることができたのですが。ともあれ、お宮参りのときの着物地という素晴らしい素材を再利用されたわけですから、長く使えるといいですね。

    返信する
  2. Hitomi

    古い着物が生まれ変わって素晴らしいと思います。しかも、思い出が一杯つまった、お宮参りの時の着物に、新しい思い出の詰まった写真が貼れるって、ホントにステキです!!

    返信する
  3. H.Y

    本を開いて立てた景色に桃太郎が隠れているようで とても可愛く思いました。

    返信する

コメントを送信

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です