□作品の説明

テーマが製本と私でしたので、何を求めて製本を学んだかということを考えました。私は就職にあたっての技術習得のためということもあったのですが、うっすらと「無粋に名前を書くなどという方法以外で、その本が私のものであると主張したい」という思いもありまして、それを前面に押し出した作品となりました。改装本にしたのは頑丈にするためという理由に加えて、不特定多数の大衆に向けて出版された本を完全に自分のものに変えて所有したいという思いもあったためです。
□作品説明やエピソード、制作時の事等
当初は背とおもて表紙にタイトルをつける予定だったのですが、間違えて裏表紙にタイトルをつけてしまいました。そこで急遽おもて表紙にも裏表紙より大きめで目立つタイトルをつけたのですが、これでは面白くないということで本文を引用した形となっています。裏表紙は角度を変えることでタイトルが見えるようにしました。
□作者アンケート
ご意見、ご感想をお待ちしております。また、製作したねらいとして「所有者の分かりやすさ」「愛読書としての耐久力」はあるように思いますか?
Exhibition No.: 27
size: 148mm×109mm×21mm 288ページ
スキル

投稿日

コメントを送信

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です