36 「狼森と笊森、盗森」宮沢賢治


size:123mm×121mm×37mm 100ページ

<作品の説明>函:クロス2種、NTラシャ
表紙:上質紙 厚口
本文:上質紙 特厚口
見返し・扉:新だん紙、里紙、トレーシングペーパー

民話と聞いて想像したのは、人から人に口づてに伝わるお話。そしてちょっと不思議で、どことなく怖ろしいこと。「黒坂森の巌」が「わたくし」に語る森でおこった出来事はまさしくそのようなお話です。
夜の森を分け入っていくような、少し不安で、でもわくわくするような気持ちを表現しました。

<エピソード、制作時の事等>どうせならやったことのない事をしよう!と思ったのが運のつき。何度となく失敗しながら、やっとこ形になりました。
一番やってみたかった事(函に透明の半球をつけて、お話の世界を覗き見てる感じにしたかった!)は達成できなかったので、おいおいバージョンアップさせます。

<自己紹介>昨年から製本を習いはじめ、今年の4月から組員になったひよっこです。パッセカルトンにむけて一歩ずつがんばります。

スキル

投稿日

4 コメント

  1. 会場コメント

    表紙が良い。とても好きなデザインです。

    返信する
  2. 会場コメント

    黒を基調としたデザインがシンプルかつカッコイイ。
    トレーシングペーパーの使い方も上手い。

    返信する
  3. 会場コメント

    デザインが美しい!!かっこいい作品だと思います

    返信する
  4. 会場コメント

    表紙の印刷、トレペの使い方、丁寧な作りが気に入りました。

    返信する

コメントを送信

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です