size:276mm×243mm×29mm 24ページ

<作品の説明>誰もが持っている「桃太郎」のイメージを覆す正悪真逆の「桃太郎」です。各登場人物の内面を表現するため、本文には心象風景となる挿画を描き起こしてもらいました。製本はシンプルに、それぞれの素材(模様)が意思を持っているようなものを組み合わせています。手に取り、箱を開け、本を開いたときに、何か別の感覚を感じてもらえればと思います。表紙:牛革 箱、見返し:新だん紙 本文:ヴァンヌーボ

<エピソード、制作時の事等>芥川龍之介による全く異なる解釈に引き込まれました。これが絵本になったらどうなるだろうかと構想、具体的な「桃太郎」を想起させるものはあえて入れずに、感覚的な表現のみにしました。装飾は一切無しという潔さも「桃太郎」らしく?のつもりです。

<自己紹介>本制作に多少は関わる仕事をしてきて、自分でも作りたいと思い製本を始めました。やってみたら表面ばかり見て構造がわかっていなかったと反省。レッスン生として長いこと居続けましたが、いつもところどころブランクができ、常に「一から」状態で技術は一向に上達していません。

スキル

投稿日

11 コメント

  1. 会場コメント

    大人の絵本で物語の雰囲気がいままでのイメージとは違う感じでおもしろかった。

    返信する
  2. 会場コメント

    今回、作画を描かせてもらったのですが。絵の入れ方が私の想像を超えていてすごい!!

    返信する
  3. 会場コメント

    製本や物語のマッチング、独創性、クオリティー

    返信する
  4. 会場コメント

    中身の迫力。とにかく開いて見てほしい作品かも。

    返信する
  5. 会場コメント

    大人向けの桃太郎だった。ちょっとゾッとする雰囲気がすてきでした。

    返信する
  6. 会場コメント

    黒い革の表紙に金箔押しが迫力があって良い。本文のデザインも作品の内容に合っています。

    返信する
  7. 会場コメント

    本文の挿画と文章のレイアウト、製本まで一貫した世界観があり、
    言葉にならないなにか、ものすごいものを感じました。気迫でしょうか。

    返信する
  8. 会場コメント

    桃太郎のイメージとは全く違うのに、本として(抽象的な挿画を含め)しっくりと落ち着いて見えたことが不思議で惹かれた。存在感がある。

    返信する
  9. 会場コメント

    素材がいい。

    返信する
  10. 会場コメント

    とにかく美しくかっこいい作品。素材のひとつひとつにこだわりを感じました。

    返信する
  11. 会場コメント

    きれいでかっこ良いです。革装すてきでした。

    返信する

コメントを送信

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です