50 絵のない絵本

size: 181mm×124mm×200mm 220ページ

<作品の説明>
本文:アラベール、クラシコトレーシング 表紙:糊引き紙(自作) タイトル:スキバルテックス 角、花切れ:牛革 大好きなアンデルセンの絵のない絵本を引用可能な訳文を使用して本文を作成し1冊の本にしました。 本の開き方で毎日違った月がページに現れるようにイメージしました。 のどからがばっと開いて見てください。
<作品説明やエピソード、制作時の事等>
お気に入りの訳を使えないことにとても悩みましたが、いろいろな月の表情を表したく、引用可能な訳を使用して本文からの作成に挑戦しました。 糸綴じ製本ならではの開きの良さにより、のどからが思い切り開いた時にきれいに三日月のグラデーションができるように、本文に円形のクラフトパンチで丸穴を一枚一枚あけましたが、正確な位置にあけることができなく乱雑になってしまいました。
<作者アンケート>
はじめての家での丸背に挑戦しました。丁寧さに欠けていろいろ失敗はありますが、基礎を思い出しながらの製作過程にはいろいろな発見もありました。またいつもながら時間の調整ができずバタバタと作成し、表紙のタイトルも革に箔押し予定が、紙に手書きになってしまうなど、もっと予定をしっかりたてて製作していかないとと思いました。
スキル

投稿日

コメントを送信

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です