51 『アラビアンナイト』改装本

size:160mm×120mm×50mm 336ページ

<作品の説明>樋口紅陽氏翻訳のアラビアンナイト、大正14年発行の書籍を修理・改装しました。
裏表紙のシルエットは正倉院の宝物・漆胡瓶(しっこへい)です。ササン朝ペルシアから伝えられた水瓶をもとに、日本で作られたとされています。中東で生まれ、西欧で広まり、1500年を経て邦訳されたこの物語と似ています。

<エピソード、制作時の事等>元の書籍は丸背が斜めに歪んでいて、本文も劣化が進んでいました。また、差し込みの別丁挿絵や裁断時のミスなどもあり、修理は気を使いました。
表紙の制作ではサイズ計測を繰り返し、1枚ものの表紙クロスをシルクスクリーン印刷しました。表面にポツンポツンと置かれている色は、チューブから絞り出して乾くとビーズになるCRYSTAL JAMという素材を使っています。函の内側のモコモコした紙はヴィヴェールです。
(6/17 素材の名前をBEDSJAM→Crystal JAMに訂正しました。同じJam*istの製品です)

<自己紹介>まるみず組DTP講座の講師です。表紙は5月の講座内容を応用しています。今回は好きな本を好きな形で制作できる楽しさを再確認しました。

スキル

投稿日

11 コメント

  1. 会場コメント

    箱の模様が印象的でした。箱から本を取り出せず謎のままなので。

    返信する
  2. 会場コメント

    自分と同じ「文庫本の改装本」だったので勉強になりました。

    返信する
  3. 会場コメント

    装丁がとても美しいと思いました。

    返信する
  4. 会場コメント

    文様が美しくデザインされていて良かったです。

    返信する
  5. 会場コメント

    よみがえった感がスゴイ!

    返信する
  6. 会場コメント

    シルクスクリーンがとてもきれいで、箱もすてきです。

    返信する
  7. 会場コメント

    表紙、ケースの装飾がステキ。見返しの用紙が本文と違和感がなくて良いと思います。

    返信する
  8. 会場コメント

    webで見てひとめぼれでした。実物もBEASJAMの立体感がアクセントになっていてかわいいです。

    返信する
  9. 会場コメント

    装丁の文字の雰囲気が好きです。

    返信する
  10. 会場コメント

    表紙のデザインがすてき。

    返信する
  11. 会場コメント

    表紙の絵がすてきです。中の本の古さがテーマに合っていてすごく良いと思いました。

    返信する

コメントを送信

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です