52 紫のおこり

size:W211mm×D2mm×H151mm 11ページ
<作品の説明>
本文にコクヨ・原稿用紙20×20を使用しました。源氏物語は誰もが一度は学校で勉強してくるもの、という印象が強かったためです。
表紙と見返しは桐の花と平安時代の人々が使っていたであろう着物のかさね色を意識してみました。
<エピソード、制作時の事等>
源氏物語と聞いて真っ先に頭に思い浮かんだのが「いづれの御時にか?」という冒頭の文章でした。
これまで高校や大学で色々な部分を少しずつ読んではいましたが、そういえば源氏物語の物語の始まりをきちんと読んでみたことがないなあと思ってこの部分の訳をしてみることにしました。
イメージに合う色の紙を探すのに苦労しました。

スキル

投稿日

コメント1件

  1. miyakemiyuki

    筋の残る表紙の紙が珍しく、色鮮やかで印象的。中を開くと、手書きの原稿用紙でびっくりしました。学校で書いた作文も和綴じにするとすごくいい雰囲気ですね。マネしたいです。

    返信する

コメントを送信

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です