□作品の説明

おもに絵絵を描くためのノートです。 まっ白な紙は眩しく目が疲れるので漂白されていないクラフト紙を本文紙にし、手に納まりやすい大きさにしました。 表紙には、ミモザの判子を彫って和紙に刷り、サンテグジュペリの言葉を入れました。
□作品説明やエピソード、制作時の事等
ミモザの小さな黄色い花や ふさふさとゆれる姿が好きで、ドライフラワーを部屋の壁に吊るしています。今回作るノートに その姿を入れたいと思い、ミモザの判子を作りました。暖かい風合いを出すために和紙に刷りました。 表紙の言葉はサンテグジュペリの『星の王子さま』から。「心で見ないと ものごとはよく見えない。大切なものは目では見えないんだ。」 目に見えるものだけが真実とは限らないと、心に刻み込みます
□作者アンケート
わたしは紙の束に強い魅力を感じます。それは紙という一枚一枚は繊細な存在が 繊細さを保ったままひとつの形に納まっているからだと思います。製本の技術によって 自分の好きなように束を作ることが出来るのはこの上なく嬉しいことです。
Exhibition No.: 53
size: 215mm×150mm×12mm 128ページ
スキル

投稿日

コメントを送信

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です