size:267mm×190mm×18mm 20ページ

<作品の説明>今回のテーマは民話とのことなので、元はドイツ民話である白雪姫を選択しました。
本文紙は白雪姫をイメージした綺麗なホワイトの紙を、かがり糸と見返し、表紙の布はりんごをイメージした真紅の素材を使用しています。
また、白雪姫の刺繍を表紙につけました。
りんご柄のスリップケースに納めています。

<エピソード、制作時の事等>“かなりディズニーのイメージに引っ張られている感はありますが、とにかくりんごモチーフで可愛らしい雰囲気でいこうと思いました。
今回は不慣れな刺繍も行ったため、そこで大きく時間を取られてしまいました。刺繍の分、表紙の中央のみ厚みが出てしまったので、その分のケースのサイズ調整が難しかったです。

<自己紹介>壊れた本の修理等もしている図書館員です。

スキル

投稿日

コメント1件

  1. ひだい

    「白雪姫」をイメージしたのなら、赤をリンゴの色とするのは疑問です。白雪姫は、よく知られているように「雪のように白く、血のように赤く、黒檀のように黒い女の子がほしい」という願いから生まれた子どもなのですから(本文にもちゃんと書かれていましたよね)。刺繍が表紙にあるためでしょうが、スリップケースの作りが緩いのも気になります。ケースの形状ももっと考えてみてはいかがでしょうか。

    返信する

コメントを送信

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です