□作品の説明

ポール・ギャリコ『猫語の教科書』の改装本。 素材:表紙:アガチス木材(焼+王国) 見返し:NTラシャ ケース(帙):スタードリームFSチタン まだまだ荒削りな自分の製本技術の未熟さを、猫の『スクラッチ』した板の表紙で表現しました。 自由に気ままで愛らしく、時に高貴な猫に、自由な発想を持って人を楽しませる事のできる手製本の世界を重ねて考えてみました。
□作品説明やエピソード、制作時の事等
テーマをストレートに表現する作品は難しかったので、自分の技術の未熟さを荒削りの板で表紙にしようという発想から構想をスタート。愛読書の改装にしましたが、無線とじの本を繋げて背を固めないこの構造に改装するのは、強度的に無理があったのではと気づかされました。表紙の木は、ヤスリがけで木にカーブをもたせ、和紙を貼り手にもった時に、木の堅さだけではなく、なんとなくほっこりするようにしました。
□作者アンケート
構想から考え作り上げて行く作業はとても楽しく勉強になりました。これからはもっと計画性をもって制作に励みたいです。
Exhibition No.: 68
size: 214mm×150mm×23mm 160ページ

– See more at: http://www.marumizu.net/site/index.php/con2014list/68#sthash.yMcb6FI4.dpuf

スキル

投稿日

コメントを送信

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です