28 遠野情景

size:218mm×160mm×20mm 22ページ

<作品の説明>
柳田國男「遠野物語」の世界を旅した写真集。
モノクロ写真を小川和紙にプリントして麻の葉綴じ。
袋とじの中には自分で染めて小さくちぎった和紙を貼り、写っていない何かが潜んでいる仕掛け。

表紙は小川町で購入したきなりの和紙に墨流し、裏表紙と見返しに杉和紙。
題簽は里紙をちぎった。

帙は、緞子に裏打ち、内側に和紙で縁取りした写真を貼り、立てて飾れるようにした。

<エピソード、制作時の事等>
青空文庫の柳田國男の文章が読みにくかったので、猫のエッセイや遠野物語の子供向け作品、京極夏彦のシリーズなど読みやすいものを探す中、やはり遠野物語にしようと思った時に、InDesignに取り組むもイメージができず挫折。
写真で表現できたら面白そうと閃いた。
表紙の墨流しがイメージ通りにできて気に入っている。

<自己紹介>
3月に基礎を終え、パッセと応用がいよいよ始まりました。
和と洋の写真集がいろいろ作れるように、勉強中です。

 

スキル

投稿日

6 コメント

  1. そらまめ書林

    表紙の墨流しも、中の写真もカッコよすぎます。表紙のタイトル文字もいいし。素敵な作品!!

    返信する
  2. らくだ

    秩の構造も面白く、表紙の墨流しも美しく、写真も魅力的かつ白黒かと思いきや、袋の中から色がほんのり透けて、何かの気配を感じたりする遊び心と。とてもステキな作品でした。
    作品を拝見しながら遠野を旅したときの空気感が蘇って、また行きたくなりました。

    返信する
  3. 会場コメント

    写真もとても素敵で全体の雰囲気に統一感がありました。

    返信する
  4. 会場コメント

    完璧な細工

    返信する
  5. 会場コメント

    シックな雰囲気にひきこまれるようでした。

    返信する
  6. 会場コメント

    写真で遠野を楽しめることがおもしろく、本の雰囲気、色あいがとてもきれいでした。

    返信する

コメントを送信

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です