size:152mm×124mm×7mm 30ページ

<作品の説明>
表紙:和柄カットクロス、本文:白鳩(和紙便箋)、糸:エミーグランデ
シンプルでも少し仕掛けのある作品を作りたく、あえてベージュ色の糸を使用しました。
布の柄に引っ張られて、糸が少しでも金色に見えたら面白いのでは、と。
結果はご覧の通りです。

<エピソード、制作時の事等>
目の錯覚を生むため、できるだけ糸を短くしたかったので、便箋を本文に使用しました。
ただ、想定よりも糸が白っぽく写ってしまったので、布の地色を赤ではなく白にすれば良かったかもしれない、と反省もしております。

<自己紹介>
本を読むのも書くのも好きで、とうとう「作る」まで手を出し始めました。
まだまだ未熟な身ですが、「好き」を形にするため頑張ります。


スキル

投稿日

コメント1件

  1. ひだい

    タイトルに負けている。
    説明がなければ意識を向けることはなかったと思うし、
    向けたところでおもしろいわけでもない。
    (糸が金色に見えたらなんだというのか?)
    和本としてはきちんとできているのだから、
    わざわざ書かず、
    作者本人が内心で満足していればよかったのでは。

    返信する

コメントを送信

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です