54 みちばたのくさばな

size:150mm×100mm×10mm 40ページ

<作品の説明>
コロナ禍で新しく見つけた楽しみが、ささやかですがわたしにとっての黄金の時間です。
最初に習った糊を使わない製本のやり方で撮りためた写真を綴じました。

<エピソード、制作時の事等>
去年は無地のノートだったので、今年は本文を印刷してみました。
両面印刷して裏写りしない紙を探して、往復ハガキの用紙にしてみました。

<自己紹介>
運動不足解消のために、散歩をしていました。
足元の雑草に心をひかれて写真を撮りながら歩いています。
こんなひとときがわたしに取っての黄金の時間でした。


スキル

投稿日

2 コメント

  1. ひだい

    中の作りが丁寧。
    散歩のともによさそう。
    だが、道端の草花の写真に、金銀の表紙はそぐわない。
    写真を撮りながら歩くひとときが黄金の時間だと言うのなら、
    それだけでもうテーマの「金」を満たしたことになる。
    (まるみず先生ご自身が、以前、こじつけでも構わないと仰っていた)
    あえて表紙に使う必要はない。
    あと、タイトルは表紙にもつけましょう。

    返信する
  2. 会場コメント

    みちばたのくさばな、ひらがなを使っているところがかわいい。

    返信する

ひだい へ返信を残す コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です