58 The Temple of the Golden Pavilion

size:190mm×138mm×24mm 239ページ

<作品の説明>
三島由紀夫著 「金閣寺」英語版

見返し:和紙(マーブリングと箔装飾)
本文:風光 70
タイトル:まるみずぺんを使用
表紙;製本用クロス

<エピソード、制作時の事等>
今年に入り、InDesignの講座を受講したことで、本文から作りたいということを考えていました。
実際に始めてみると、作ってみないと気づかないことがたくさんあり、1つの作品としてまとめることの難しさを痛感しました。
その反面、細部にまで自分好みの本を作ることができるので、製作中はとても楽しかったです。
和紙のマーブリングは初めて挑戦しましたが、ざらりとした紙の質感が残り面白い仕上りになりました。

<自己紹介>
昨年、基礎コースを卒業してからはコロナ禍ということもあり、なかなか教室に通えていません。
オンラインで受講できるInDesign講座などで少しずつできることを増やしているところです。


スキル

投稿日

2 コメント

  1. 会場コメント

    見返しマーブルに金があしらわれているのがテーマにつながり素敵でした。

    返信する
  2. 会場コメント

    製本の赤色と文字のシンプルさと角ばった形(フォルム)が好きです。

    返信する

コメントを送信

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です