41 四冊の川柳の本

size:250mm×180mm×25mm 74ページ

<作品の説明>今回のテーマでもある和紙を使って四つ目とじの本を作りました。四冊で一つの作品なので、おさめる帙も作りました。一から三は便宜上つけた番号なので、どれから読んでいただいても大丈夫です。

<エピソード、制作時の事等>せっかく和とじの本を作るのなら、内容はオリジナルで筆ペンで書きたいと思い作り始めました。ただ四冊分の川柳を百句以上考え、それを手書きというのは大変でした。

<自己紹介>応用コースでマイペースに製本に取り組んでいます。これからも無理せず長く続けていきたいと思っています。

スキル

投稿日

10 コメント

  1. 会場コメント

    川柳を読ませていただきました。
    生々しい制作現場が目に浮かびました。

    返信する
  2. 会場コメント

    川柳、ご苦労と楽しそう!な感じが伝わりました。
    血…共感。

    返信する
  3. 会場コメント

    川柳の内容がおもしろく、読み入ってしまいました。

    返信する
  4. 会場コメント

    川柳が、製本の際の気持ちが書かれていて楽しかったです。

    返信する
  5. 会場コメント

    川柳を読んでいて、ニヤニヤとうなづいてしまいました。

    返信する
  6. 会場コメント

    装丁と内容のギャップに心をうばわれました。
    アイデアと完成するまでの大変さを考えるだけでも感動しますが、何より楽しくて最高です。

    返信する
  7. 会場コメント

    パズルに対する愛を感じました。

    返信する
  8. 会場コメント

    まるみず組の川柳→笑ってしまいました

    返信する
  9. 会場コメント

    川柳読むのがとても楽しかった。

    返信する
  10. 会場コメント

    おもしろかったです。

    返信する

コメントを送信

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です