48 マステ帖

size:160mm×114mm×45mm 32ページ

<作品の説明>テーマが和紙という事で、自分にとって一番身近な和紙といえばwashi=マステでした。実際使う事より眺めてニヤニヤする事の方が多いですが、今まで集めた中からお気に入りのコレクション帖を作ってみようと思いました。白紙ページは、これから新しいマステが増えた時に貼れるようにしてみました。

<エピソード、制作時の事等>マステのテーマ毎に分けて本を作ろうと思いました。本文用紙はマステを貼った時にシワになりにくい厚めの紙を選びました。また、180度開ける綴じ方が良かったので、最初の頃に習ったリボンを使った綴じ方をマステで応用してみました。

複数冊になったので、これをまとめておける函がどうしても必要だ!と思い、マステゆかりの倉敷デニムでケースを作ってみました。ただ、サイズの計測が甘かったためケースの表紙と裏表紙の大きさが少しズレてしまいました。

<自己紹介>今年の四月から基礎コースを受講中です。今回人生初の手製本ですが、デザインはどんな風にしよう?紙は?糸は?と、色々思いを巡らすのがとても楽しかったです。作っている内に、ああしたいこうしたい、とどんどん欲張りになって来るのですが自分の技術力ではまだまだ追いつけず。基礎をしっかりと自分のものにして、思いをカタチに出来るように日々精進していきたいと思います。

スキル

投稿日

3 コメント

  1. ひだい

    マスキングテープって、
    いつの間にかこんなにも種類が増えていたのですね。
    見ていてわくわくしました。
    リボン代わりに使ったテープで中身がわかるのも洒落ています。
    ただコレクション帖と銘打つなら、
    テープの見本とともに、会社名や商品名などがあるともっとよかったのでは。
    それにしても箱の内側の紙が2色なのはなぜなのでしょうか?

    返信する
  2. 会場コメント

    マステの見本帖というアイデアと見ていて楽しかったです

    返信する
  3. 会場コメント

    デニム素材なのが良かった。

    返信する

コメントを送信

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です