84 金閣寺/春の雪

size:217mm×149mm×35mm 410ページ

<作品の説明>美しさの奥に潜む狂気の炎を、プリント和紙を使って表現しました。

材料:和紙、布、厚紙、栞ヒモ、菊カン、南京錠

<エピソード、制作時の事等>箱の鍵は、『金閣寺』のラストで主人公が金閣寺の奥の部屋に向かうも、鍵がかかっていて中に入れず、「自分は金閣に拒まれた」と感じる場面をイメージしています。

<自己紹介>きれいな本を見るのが好きです。

スキル

投稿日

7 コメント

  1. ひだい

    赤・黒・金で構成されて、実に豪華な雰囲気。
    箱につけられた鍵も利いています。
    本棚に飾っておきたくなるような本です。
    花布が短めだったのだけが惜しい。
    今後、どんなきれいな本を見せてくださるのかが楽しみです。

    返信する
  2. 会場コメント

    箱を開いたときの感じが好きです。

    返信する
  3. 会場コメント

    色合いと・・・とにかく驚きました

    返信する
  4. 会場コメント

    見た目のインパクトがすごかったです

    返信する
  5. 会場コメント

    箱で作品(本)の世界観をあらわすというところがすごいなと思いました。とてもきっちり作られているなと感じました。

    返信する
  6. 会場コメント

    物語の内容の表現が素晴らしい。

    返信する
  7. 会場コメント

    錠の選択、函の仕様の選択がすばらしいと思いました。

    返信する

コメントを送信

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です