65 野草雑記

size:155mm×105mm×17mm 174ページ

<作品の説明>
ペーパーバックの「野草雑記」を角背の布装本に改装しました。
表紙は製本クロスにペンと布用の絵具でセンリョウを描きました。
タイトルは元の本のものを使用しています。
ギャルドブランシュには和紙を使用し、天地は紙の耳を残すためアンカットにしました。
前小口は化粧断ちし、スタンプパッドでニュアンスを出しながら小口染してみました。

<エピソード、制作時の事等>
元の本は表紙は無地の薄い紙で簡易な装丁でしたが表紙に花の絵をあしらった布装本にしたくてデザインしました。
昭和31年の本で紙の特に端の方は脆くなっているのでかがりと化粧断ちは苦労しました

<自己紹介>
まるみず組研究生?細々やっていた製本講師業はコロナで失業中(笑)

 

スキル

投稿日

2 コメント

  1. ひだい

    相変わらず、きれいな製本ですね。全体のバランスがとてもいいです。表紙の絵はご自身で描いたとさらっと書いていますが、そういうやり直しの効かない作業が本当に嫌いな身からすると恐れ戦くばかりです。しかも上手い! 気負いの感じられない線、余白を残した色塗り……惚れ惚れとしてしまいました。

    返信する
    • そらまめ書林

      ひだいさんに技術のことで褒めていただけると天にも昇る心地です。暗唱できるぐらい何度も読み返してしまいました(笑)生来怠け者ですが、いい気分になって上がっているモチベーションが冷めないうちに精進して作品作りに励みたいと思います。

      返信する

コメントを送信

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です