09 錬金術師の書斎

size:140mm×130mm×52mm 500ページ

<作品の説明>
「金」というテーマからかつて、非金属から貴金属特に「金」を精錬しようとした錬金術師の作業棚をイメージして書籍と小物を作成しました

<エピソード、制作時の事等>
本づくり小物づくりとも、作品の世界をイメージしながらできたのでとても楽しかったです

<自己紹介>
好きな本とかかわる形の一つとして製本を続けています


スキル

投稿日

5 コメント

  1. しのさこ

    小さなお部屋をのぞきこむような、楽しさとワクワクが詰まった箱ですね。
    この箱の中身が、本の内容のような。いっそのこと、「この箱が、本なんです!」と言われちゃいたいですね。
    製本に関しましては、全く存じなく、恐縮なのですけれど。「本」という概念から、あと少し、解放されてほしいと欲張りなこと申し上げちゃいます!

    返信する
  2. 会場コメント

    楽しいです!!

    返信する
  3. ひだい

    箱の中にひとつの世界が詰まっている。
    わくわくするような作品。
    しかし肝心の本がやや残念。
    製本コンクールであるからには、
    まずは本をしっかり作ってほしかった。
    まだまだ伸び代はあるはずなので、次の作品を楽しみにしています。

    返信する
  4. 会場コメント

    思わずその世界に行ってしまいそう!

    返信する
  5. 会場コメント

    エピソードと自己紹介で「楽しかった」「好きな本」という感想に共感しました。

    返信する

コメントを送信

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です