size:182mm×147mm×29mm 236ページ

<作品の説明>
ポーの『黄金虫』を「青空文庫」(日本語)と「GutenbergProject」(英語)からダウンロードしてみました。
前後とも表紙になっています。
函と本体表紙は同じ染和紙の裏表使用。
黄金虫の形をイメージして八角のドイツ装に仕立てました。
まるみずペンも使ってみました。

<エピソード、制作時の事等>
今回は「GutenbergProject」を使ってみること、形の違う本を仕立てることを課題にしていました。
前者は著作権表示に頭を悩ませ、後者は紙の切り出しから苦戦。
背が落ち着かず、クータを幅広にしてみたり、チリがおかしなことになったり。
まるみずペンは楽しめたのですが、使いこなすには程遠く、次の課題にしたいと思います。

<自己紹介>
コロナのせいにして、すっかり制作をさぼっている今日この頃。
今はもっぱら職場の本を修理しています。


スキル

投稿日

3 コメント

  1. ひだい

    表紙が格好いい。
    黄金虫のイメージが八角形というのはよくわからないが、
    手製本ならではという気はした。
    挟み込んだ暗号文も、
    だからせっかくならもっと手を掛けてほしかった。
    ぎざぎざに切っただけでは、正直、わざとりしいばかり。
    スリップケースにしたのはなぜなのか。
    本がすっぽり入らないのは落ち着かず、
    夫婦箱等の方がよかったのではと思った。
    (スリップケースより大変だろうが、変わった形の本なのだから仕方がない。)

    返信する
  2. けいこ

    表紙の色や題簽を含めたデザインがポーの世界観を表していてすごくいいなと思いました。DTPクラスで習得した技術を確実に作品に生かしている点も羨ましい。インタビュー動画でも実際の制作意図など聞けてすごく良かったです。

    返信する
  3. 会場コメント

    形が手製本ならではで楽しい。紙選びのセンスも好き。

    返信する

コメントを送信

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です