42 孫たちに贈る『金言集』

size:190mm×138mm×12mm 122ページ

<作品の説明>
デジタル・コレクションから英語版『金言集』(対訳付)です。
蜜?で〆た手漉き和紙を表紙として素朴な料紙で和綴じにしました。

<エピソード、制作時の事等>
金閣寺か、金のジパングなら『東方見聞録』などといろいろ発想しながらデジタル・コレクションを渉猟していたら明治35年出版の『俚諺(りげん)金言集』なる英語版『金言集』(勝俣銓吉郎対訳付)に遭遇し、これだと思い、表紙を変えながらも五冊も製本してしまいました。
孫が5人いて(その内3人が英語圏の海外)、何とか日本語と英語のバイリンガルに育ってほしいとの願いを込めた祖父からの贈り物としての五冊のうちの一冊です。

<自己紹介>
音源や写真などのデジタル化の道楽から出発して、ここ10年程は逆に国会図書館でデジタル化されている古典籍を主に和綴じや無線綴じに“復元”しています。
コンクールでいろいろ勉強させてもらっています。


スキル

投稿日

コメントを送信

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です