40 短歌帳(対) 四季

40 短歌帳(対) 四季

size:157mm×83mm×33mm 136ページ

<作品の説明>短歌が趣味の両親へ金婚式のプレゼントをイメージして制作。和綴じ4冊のペアです。中のページは四季を色で表現しそれぞれの季節を感じる和紙の色を選択。1ページ目で春は花筏、夏は水辺のホタル、秋は紅葉、冬は降り積もる雪を表現しま墨流しや染色を制作して入れ込みました。美濃機械すき和紙、小川手すき和紙、玉虫手染め手すき和紙などを使用。

<エピソード、制作時の事等>和綴じでテーマの”和紙”をどう工夫し制作出来るか悩みました。制作時苦労は、和紙の切断で、カッター利用時切断面がガタガタになってしまうため、悩んだ末和紙折り紙を使用。和綴じ時穴あけもマンションで騒音苦情が有るため、苦肉の策でピンバイスで穴を開けました。今回習っていない和綴じをネットで見つけ、自分なりの糸運びを試行錯誤し制作してみました。

<自己紹介>制作している時間 無心になれる空間 制作した本が並ぶ本棚が好き。製本に関わってから1年9ヶ月たくさんの技術を覚えて活かせるのがうれしくて楽しい。今は図書館の本の修理作業にも関わっている。傷んだ本を見違えるほどきれいに出来るのがうれしいし、自分の好きな事で誰かの役に立てる事もうれしい。

スキル

投稿日

4 コメント

  1. 会場コメント

    ていねいにつくられているあと思いました。色の組み合わせや柄のつかい方がすきです。

    返信する
  2. 会場コメント

    それぞれの作りの仕上げがとてもていねい。色彩がきれいで四季を感じた!

    返信する
  3. 会場コメント

    ステキです。

    返信する
  4. 会場コメント

    豆本で数がそろっていること。大きさが手に収まるサイズであること。

    返信する

コメントを送信

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です