03-5995-0052

31 小泉八雲の『神國日本』”Shinkoku Nippon”(Japan, the Land of Gods ) written by Lafcadio Hearn

size:190mm×140mm×30mm 427ページ

<作品の説明>
昭和13年第一書房発行の小泉八雲著『神國日本』をソフトカバーから丸背片袖装上製本に改装。平のでにタイトルと著者名を、背の疑似バンドにもフェールで箔押し。
The softcover of Koizumi Yakumo’s book ‘Shinkoku Nippon’, published by Daiichi Shobo in 1938, has been refurbished into a round-back, single-sleeved, top-bound book. The title and author’s name are stamped , and also on the pseudo-band on the spine in faille.

<エピソード、制作時の事等>
コンクールテーマである「日本語」と聞いて外国人を想起した。日本人は母語を「日本語」とは呼ばない、「国語」というからだ。
日本をこよなく愛した外国人の一人ラフカディオハーン(小泉八雲)は、神々が集う出雲の地で暮らし、のちに著した『神國日本』を古書店で見つけた。購入時はソフトカバーの表紙も本文から外れ、本全体も酸化していたので、じっくり読むためにしっかりと改装することにした。出雲の青い海と清々しい神々をイメージして波模様のクロスと青く柔らかい羊革で装丁し、最後に金色でタイトルと疑似バンドに箔押しした。
When I heard this competition theme, ‘Nihon-go’, I thought of foreigners. This is because the term ‘Nihon-go (Japanese)’ is what called from a foreigner’s perspective.We Japanese do not call their mother tongue ‘Nihon-go’, we call it ‘Koku-go’.
One of these foreigners, Lafcadio Hearn (Koizumi Yakumo), who was a great admirer of Japan, lived in Izumo, where the gods gathered from all over Japan , and later published a book entitled ‘ Shin-koku Nippon Japan, the Land of Gods’. I found that book in a second-hand bookshop.
At the time of purchase, the softcover cover had been removed from the text and the entire book was oxidised, so I decided to refurbish it thoroughly in order to read it carefully. The book was bound in soft blue sheepskin leather with a wave-patterned cloth binding to evoke the blue sea and gods of Izumo, and finally the title and pseudo-band were foil-stamped in gold.

<自己紹介>
古書店巡りをして気に入った古本を購入しているうちに、傷んだ古書を自分で修理したくなり製本の勉強を始めました。
それまでずっと会社員として「士農工商」の「商」の人生だったので、製本を通じて「工」の面白さに目覚めました。
自分好みのデザインや形に修理して愛蔵書に変身させるわくわく感を楽しんでいる一方、1ミリの違いで仕上がりが大きく違ってくる「工」の世界で、日々自分の仕事に対する向き合い方と重ね合わせながら反省しつつ自己鍛錬しています。
I started studying bookbinding because I wanted to repair my own books while visiting old bookstores. I have been working as a company employee for a long time, and I have been living as a “”Merchant”” among categorized the Japanese four social classes of Warriors, Farmers, Craftsmen and Merchants. On the other hand, in the world of bookbinding, where even a millimeter of difference can make a big difference in the finished product, I reflect on my own approach to my work every day as a “Craftsman” and train myself through bookbinding.


スキル

投稿日

5 コメント

  1. 高橋 英世

    丸背もバンドもきれいに仕上がっていると思いました。
    また平の紋様が雰囲気を出していてとてもきれいです。

    返信する
  2. そらまめ書林

    背バンド、丸背、箔押しで高級感のある装丁、平の青海波と背の革の青のバランスもよく、赤い花布もアクセントとして効いていて、見返しの黄色もきれい。かっちりと作られていて見ていて気持ちのよい作品ですね。

    返信する
  3. 会場コメント

    欲しいです

    返信する
  4. 会場コメント

    全体のバランスが良く製本されています。

    返信する
  5. 会場コメント

    色合いにもセンスを感じ、かっこいい作品

    返信する

コメントを送信

メールアドレスが公開されることはありません。